不用品寄付

【常に公開】不用品から生まれた寄付金・募金の支払先

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
寄付金の支払先

日本全国から届いた皆様からのご寄付頂いた品を販売し得た

収益の一部をKK.ネットの独自での判断で決定した寄付金とし支払う先です。

出来る限り多くの募金先を探して対応する様にしています。

千葉県山武市の個人リサイクルショップKK.ネット代表 小林国雄

小林国雄

 

経験【2020年5月現在】

  • リサイクル売買・鑑定歴  11年
  • 古物市場出入り      10年
  • 不要品回収・遺品整理業   8年
  • 海外輸出協力        6年
  • 物で出来る寄付プロジェクト 3年
スポンサーリンク

寄付金支払い場所

寄付金を支払い完了後は支払先、支払日、金額を明記していきます。
今後も寄付先は検討して増やしていく予定です。

 

もしお客様の方で是非ここに!という所があればご連絡ください。
検討致しますので!


World Food Programme


world food programme

飢餓のない世界を目指す最前線で活動する国連機関のWFP(world food programme)さん

緊急事態が起きればすぐさま対応出来る様対応されています。

  1. 緊急時に命を救い暮らしを守ること
  2. 緊急事態に備えること
  3. 緊急事態が過ぎた後に暮らしを復興して再建すること
  4. あらゆる場所で慢性的な飢餓と栄養不良を減らすこと
  5. 飢餓を減らすために各国の能力を強化すること

5000円の寄付で1人分の栄養ある給食が1年分が賄えるそうです。

全ての人を救うという事は難しいと思います。

しかし私たちの寄付金でも大勢が救えるのは確かです。


日本赤十字社

 

国内、国外と様々な所で活動されています。

災害や紛争、病気などに苦しむ人々を救うため、

世界最大のネットワークを活かして、緊急時の救援や復興支援、予防活動に取り組み

教育や救急講習などにも役立てられます。

常に大きな災害などでテレビや新聞などに取り上げられていますね。

是非、応援したいと思います。


認定NPO法人カタリバ


NPOカタリバ

カタリバさんは小学生から高校生まで学習サポートや心のケアを行う、認定NPO法人です。

現在は残念ながら日本でも徐々に子供の教育が行く届かなくなっている所もあるそうです。

震災や貧困、家庭の事情など様々ですが

統計によると7人に1人が貧困というデータもあるそうです。

同じ国内で少しでも!一人でも!

教育を受けまともな人間が増えるという事は日本に住む誰にとっても良い事だと思います。

子供の未来の為にも是非寄付したい先でもあります。

 

寄付はいつでも受付

お金ではなく物で出来る寄付として好評を頂き

日本全国から沢山のご寄付が届いております。

寄付出来る品は沢山あり中古品でも需要がある物が沢山あります。

詳しくは

不用品の寄付・募金について・どんな物を受付してる?

是非ご寄付をご検討ください。

これまでの募金先

スポンサーリンク

これまで沢山の募金活動が出来たのも

寄付と言う形で沢山の物を送って頂けた皆様のおかげです。

募金した先は常に公開しております。

NPO法人カタリバ様に「今回の寄付」で募金しました。子供の未来の為にも

親のいない子供達へ向けた支援です。

未来を作るのは子供たちです。

1人でも素晴らしい大人が増えれば私たち大人の将来も明るくなるのでは

ないか?というのが私が思っている事です。

私の父親も孤児でしたが

ちゃんとした施設がなかったらきっと死んでいただろうな・・・っと

言っていたのが印象深いです。

皆の思いはそんな子供達にも届くはずです。

【WFP】今回の寄付をしました。ワールドフードプログラム

世界の子供達の飢餓を減らす為の募金活動です。

皆様の送ってくれた物が食べ物となって世界の子供達の飢餓を減らしてくれました。

こちらにはこれからもお支払い出来たらと思っています。

 

おうちゃんを救う会に募金しました。前澤社長の賛否両論

ツイッターで前澤社長で話題になっていた

「おうちゃんを救う会」に募金です。

賛否両論ありましたが救われた命がある事、

募金という活動を知った、興味を持った。

そんな人が多かった出来事だと思います。

 

東日本大震災が風化しない様に!赤十字を通して義援金を支払いました。

どうしても時が経つとどんなことでも風化してしまい

忘れていってしまいます。

これまでも過去に大地震で津波の経験もある日本人でも同じでした。

教訓を生かす!

そして少しでも良いからあの地震の恐怖、津波の恐怖

親を亡くした子供達が居ることを風化させたくない!という気持ちで

時は経っておりますが東日本大震災の義援金として

お支払いさせて頂きました。

 

 

フジテレビを見てウガンダ募金に寄付しました。チャリティキャンペーン

朝起きてフジテレビを見ていると

ウガンダ共和国の少女15歳の母親が映りました。

1日数十円の収入なのに子供を病院に連れていくと2100円の請求。

日本人の感覚で言えば1ヶ月の収入以上の請求です。

愕然とした私はすぐに次の募金先に検討させて頂き募金を行いました。

 

【私も被災】2019年千葉県の台風15号被害による義援金を決定

2019年に甚大な被害をもたらした台風15号で

特に被害の大きかった千葉県に募金を行いました。

タイトルの画像の車は私の車でもあります(泣)

 

皆様からの寄付をオーストラリアの森林火災に募金させて頂きました。

世界問題となっていたオーストラリアの森林火災への募金です。

無事に消し止める事が出来て世界中で一安心だと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
電話で問い合わせる