処分方法

大きな不用品を処分する場合どういう方法があるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
大きな不用品 処分方法

自宅に大きな不用品がある

小さな不用品であれば自分でもなんとか出来るが

大きな家具や家電製品などは自力では難しい・・・

そんな大きな不用品がある方に向けて

処分方法などを解説していく記事となっております。

広告

この記事の信憑性を感じて貰う為に簡単に自己紹介させて頂きます。

リサイクルショップKK.ネット代表の小林が自ら書いております。

代表自らが現場に立っているので買取や不用品回収の相場も

常に把握しております。

この仕事に付き2019年で10年目で同業の知り合いも100人単位でおりますので

ネットで掻き集めた知識ではなく現場での知識を公開していますので

それなりに信用がおける内容かと思います。

不用品回収,千葉,安い

スポンサーリンク

不用品の処分

通常、不用品を処分する際はどの様な処分をしますか?

一般的なのが

  • リサイクルショップに売る
  • 自分で売る
  • 自分で捨てる
  • 業者に頼んで捨てる

大きく分けると売るのかお金を払って捨てるという事になります。

まず不用品が売れるのであればそれに越した事はありません。

まずは売る方法を考えましょう。

リサイクルショップで売れないものって何?逆に知る事で活用できる!

売るのが困難な物などは捨てる選択肢になります。

不用品を安く捨てる方法はこちらの記事でも書かせて頂きました。

【保存版】不用品回収が格安で安く出来る方法。【全国対応】千葉県

しかし大きな不用品の場合、自分で捨てるのも困難な事が多いです。

ここから先は大きな不用品を捨てる方法と手段を書かせて頂きます。

大きな不用品

大きな不用品

大きな不用品とはどういう物があるでしょうか?

基本的に家庭にある物だとすれば家具類、大型冷蔵庫などが多いと思います。

大型家具はベッド、食器棚、本棚、テレビ台などでしょうか?

どんな物でも安く処分したいのであれば自分で動く事です。

この大きな不用品も自分で捨てる事が出来れば当然格安で出来ますが

大きくて無理!重すぎて動かせない!

そんな方にどんな方法があるのか紹介したいと思います。

どんな処分方法があるのか

大きな不用品 処分方法

大きな家具を例に処分方法を紹介します。

大きな物ですので1人では中々難しい事が多いです。

家族や友人など協力してくれる人がいればお願いしましょう。

大きな物を動かす際はこちらの記事を参考にしてください。

家具の移動・移動グッズは必要ない?誰でも簡単に家具を移動・運搬する方法

家族や友人で済んでしまえばそれは一番安上りです。

外まで運び出す事が出来れば自治体(市・区・町・村)のルールに乗っ取り

処分しましょう。

ほとんどの自治体は事前にリサイクル券をコンビニ等で購入して

予約すると指定された日に外まで運び出された

家具などを回収にきてくれます。

家の中まで入っての回収は自治体では絶対に行ってくれませんので

必ずご自分たちで外まで運びだしましょう。

ほとんどの家具などが300円~1000円程度で回収してくれる安いサービスです。

ベッドだけは処分方法が難しい事が多いです。

気になる方は下記の記事も参考にしてください。

※注意

 冷蔵庫などは自治体は回収してくれません。

 ご自分で電気屋さんに運ぶか下記↓↓で紹介している不用品回収業者に依頼しましょう。

 

家族や友人がいなくて手伝いが不可能な場合も紹介します。

  • 自分で解体する
  • 便利屋さんに依頼
  • 不用品回収業者に依頼

基本的にこの3択となります。

自分で解体する

大きな不用品 自分で解体

大きな物で運び出せないのであれば小さく解体してしまいましょう。

お部屋内で家具は解体も可能です。

ハンマー等で角を内側から叩くと大抵の家具は解体出来ます。

意外に大きな音が鳴ったりするのでご近所さんが多い場所などでは

不向きでしょう。

小さく解体出来てしまえばご自分で外に運び出して自治体の回収をお願いしたり

頑張って小さくすれば可燃ゴミの袋での回収も可能でしょう。

その場合はハンマーである程度小さくした後に丸のこなどがないとキツイですね。

便利屋さんに依頼

これは結構おすすめです。自治体の処分はとても安いです。

それは税金等も利用して運営しているからです。

業者に大きな家具を処分を依頼して数百円で済む事はあり得ません。

ですので便利屋さんに協力して貰って外まで運び出して貰う方法です。

大抵の便利屋さんは1時間単位で動いてくれます。

相場は最初の1時間で2000円~3500円ぐらいです。

家具の運び出しは1時間もあれば余裕で終わってしまうと思います。

余った時間はどこか掃除をお願いしたり修理して貰ったり考えておくと良いでしょう。

不用品回収業者に依頼

自治体の回収はとても安いですが日にちが指定されてしまうので

処分したい日に処分が完了しないという事がデメリットとなります。

そんな場合は不用品回収業者に依頼しましょう。

当日に全て回収してくれます。

処分代は業界一の安さを誇る【くらしのマーケット】 さんを紹介します。

弊社リサイクルショップKK.ネットも不用品回収業を営み7年目となりますが

同業の知り合いも口を揃えていう程の安さです。

軽トラック満タンの積み放題で1万円を切る業者も多数登録されています。

登録されている業者は【くらしのマーケット】 で事前にヒアリング確認されている業者のみですし

評価順に並び変えたり値段別で並び替えたりも可能です。

当日、来られる方の顔も確認出来るのでさらに安心出来ますね。

不用品回収以外にも引越しやハウスクリーニングなど

「暮らしの困った」に対応してくれます。是非、見てみると良いでしょう。

大きな不用品の処分方法まとめ

スポンサーリンク

不用品の処分は基本、自分で動く事で安く出来る。

小さな不用品は処分も楽だが大きな不用品になるとある程度の人手が必要。

自治体の回収を依頼するのが一番安いです。

家族や友人など手伝ってくれる方がいれば外まで頑張って運びだしましょう。

人手がなくて運び出せない場合は頑張って小さく解体。

または便利屋さん、不用品回収業者に依頼しましょう。

大きな不用品でも必ず綺麗に片付け終える事が出来ます。

少しでも参考になって頂けたら嬉しいです。

最後までお読み頂きありがとう御座いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る