遺品整理

遺品整理ではどんな物が売れるのか?買取にはどんな準備が必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
遺品整理 売れる,遺品整理 買取

遺品整理

大変な事だと思います。

大切なご家族が旅立たれ悲しみにくれる間もなく

それに反してやる事は沢山あります。

遺品整理を先延ばしする事で色々費用が掛かってきてしまう可能性があります。

家賃、相続、必要な物の整理、

遺品整理を誰が引き受けてどれだけの会社に見積もりをされるのか。

今回はそんな遺品整理の中でも

買取を中心としたお話をさせて頂きたいと思います。

遺品整理というのは処分だけに思われていて

価値がある物でもお金を払って処分してしまう方が大変多いです。

そんな遺品整理での買取で

どんな物が買取出来て、どんな準備をすれば良いのかお答えしていきます。

広告

申し遅れましたがこの記事の執筆者はリサイクルショップKK.ネットを

運営している代表小林が書いております。

2019年で買取実績10年以上、遺品整理業は6年目となりますので

それなりに信用が置ける内容かと思います。

スポンサーリンク

遺品整理での買取

遺品整理では本当に買取出来る物が多数あります。

考えてみると普通、リサイクルショップなどに物を売りに来られる方というのは

  • 要らなくなった
  • 使わないから
  • 買い換えたい
  • 使い古したが捨てるよりはマシ

と言った考え方の方が多いですが遺品整理での買取というのは

  • 寸前まで使っていた物
  • 買ったばかりの物
  • 生前から趣味で溜め込んでいた物

こういった物が沢山あります。

その中でも

生前から趣味で溜め込んでいた物

これは非常に価値が高い物も多いのですが

ご家族にその趣味のご理解を得られていなかった場合は

価値がある物でもゴミとして遺品整理業者に依頼してしまうという事が

大変多いのです。

ですのでまず遺品整理と言うのは

全てがゴミではないという事を頭の中に入れてください。

遺品は価値があり、まずは査定して貰ってからで遅くはありません。

これから遺品整理を始める方はまず買取査定を依頼し

価値がないと判断されてから処分の依頼をしましょう。

遺品整理ではどんな物が売れる?

遺品整理 売れる

qimono / Pixabay

遺品の中で価値がある物がある事は分かった。

しかしどんな物が売れるの?

これは確かに一般の方では分かり辛い物があります。

大抵一番最初に思いつく所で

家具を残され査定依頼が来る事が多いです。

しかし残念ですが家具は売れません

理由は下記↓↓記事をどうぞ

リサイクルショップで家具はどうして買取価格が安いのか?

そしてお客様の所へお伺いすると売れる物を自分たちで処分していて

売れない物を買取査定として出される真逆な事が凄く多いです。

先日の例ですが遺品整理のお見積り+買取査定依頼が

千葉市中央区内でありました。

なぜ千葉市中央区の遺品整理が格安で出来るのか?買取対応・生前整理も!

こちらも家具を沢山残されほとんど家の中が綺麗になっている状況でした。

そして家具は残念ながら弊社に持ち込みで数百円で買取出来るレベルで

出張して運びだしまでしたら無料でも赤字になってしまうラインでした。

買取は出来ずに帰ろうかと思った玄関の脇に

不燃ゴミの袋に入った古いカメラが沢山目につきました。

許可を取り見てみると・・・

 

買取価格18000円を付ける事が出来ました。

確かに見た目はボロボロでゴミにしか見えない様でしたが

それでも価値がある物は存在します。

さらにバンドが切れ動かない腕時計も3000円の値段を付ける事が出来て

合計で2万円以上の買取になるという事例がありました。

 

この様に小物だから自分たちで捨てれる、ボロボロだから価値がないといった判断で

事前にお客様の方で処分をされてしまっている事が大変多いのです。

それでは実際にどんな物が買取出来る可能性があるのか

リストを載せます。

古くても買取出来る可能性があるリスト

・腕時計 ・切手 ・トロフィー ・ライター ・貴金属 ・バッグ

・食器 ・ヘルメット ・カメラ ・お酒 ・香水 ・着物/帯 ・楽器

・万年筆 ・CD ・DVD ・ゲーム機器 ・アンプ ・真空管 ・コレクター品

・無線機 ・スピーカー ・ミシン ・パソコン ・ストーブ ・釣具

・キャンプ用品 ・古いおもちゃ ・電車模型 ・モデルガン ・銀製品

・レコード ・碁盤 ・将棋盤 ・日本刀 ・象牙 ・掛け軸 ・茶道具

・鉄瓶 ・古書 ・戦時中の写真 ・戦時中の手紙 ・民芸家具 ・骨董品

このあたりが古くても買取出来る可能性がある物です。



一般宅で遺品の中で買取出来る事で多いのが

生活家電(製造から5年程度) 腕時計 切手 貴金属 お酒

古いおもちゃ レコード、古い戦時中の写真などは良く出てきます。

古い写真はまとめ記事もありますので宜しければどうぞ

遺品整理での片付け、古い写真は捨てるべき?いや!買取も出来ます!

結構これを見ると自分たちで処分したり持ち帰ったり出来る物が多いですよね?

こんな物があって必要なければ買取の査定に出してみましょう。

遺品整理の買取で準備する事は?

遺品整理 準備

27707 / Pixabay

ここまでで遺品は買取出来る物がある事が分かり

そしてどんな物が買取出来るのかが分かりました。

では買取を依頼する前にどんな事を準備したら良いでしょう?

結論からお伝えすると

必要最低限の貴重品などは探し出してそのまま買取査定に出す事です。

必要最低限というのは

通帳、現金、はんこ、貴金属、有価証券、保証書、権利書関連、思い出の物

遺品整理の貴重品に関してはこちらの記事でもまとめております。

遺品整理の際に貴重品はどうすれば良いか?業者の対応は?

これらを見つけ出してもう後は何が出てきても要らないというぐらいまでに

探しを終えた時が買取査定を頼む一番のタイミングです。

間違っても色々処分してしまってから依頼するのはNGです。

これは先程記載した買取出来る可能性があるリスト以外にも

買取出来る物を捨ててしまう可能性があるからです。

過去にバッヂや牛乳瓶の蓋、マッチ、古い車のカタログなどが大量に出てきて

買取出来て事例もありコレクター品というのは何が価値があって何がないのか

分かりません。

その為、極力処分は後回しが良いですね。

確実に急いて捨ててしまうのをおすすめするのは食料品など生ものだけです。

生前集めていたコレクター品で意外な買取価格になって

遺品整理費用がだいぶ抑えられた事例もあります。覚えておいてください。

遺品整理での買取・準備のまとめ

スポンサーリンク

遺品整理 まとめ

Jindawoon / Pixabay

遺品整理は大きな費用が掛かります。

その中で少しでも買取出来る物がある事で費用が抑える事が出来ます。

遺品はゴミだけではありません。売れる物が沢山存在します。

故人の物がまた捨てられずにどこかで必要としている人の元でまた使われる

捨てる物の数を減らす事が出来て環境にも良いですし

何より買取が出来る事で遺族の方達の負担を減らす事も出来ます。

そんな橋渡しが出来るのがリサイクルショップKK.ネットです。

千葉県、東京都23区、茨城県南部が対応エリアとなりますので

遺品整理でお悩みの方は是非ご相談ください。

遺品整理の処分依頼、買取だけの依頼、もちろん合わせて両方の依頼も可能です。

ポイントとして買取依頼をする際は極力物は捨てない事です。

リサイクルショップKK.ネット

LINE査定

友だち追加

また全国対応で物で出来る寄付の受付もしております。

中古の食器などを海外の発展途上国へ送ったりして活用出来ますので

是非、遠方の方はこちらもご利用ご検討ください。

不要品寄付

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
電話で問い合わせる