リフォーム

DIYでレンガシールを貼った後に縮んだ?トラブル対処法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
レンガシール 縮む,レンガ トラブル

ネットで購入したレンガシールをDIYで貼ってみるとトラブル発生!

せっかく綺麗に完成したレンガシールですが

トラブルが発生してかなり落ち込んだ私です。

しかし簡単に対処出来ましたので

これからレンガシールDIYをしようと思う方も

トラブルが発生した方も是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

レンガシールでのトラブル

ネットで購入してみてレンガシールを貼った記事はこちらです。

【試してみた】簡単!?DIYで壁や襖にレンガシールを貼ってみた

 

かなり簡単に貼ることが出来てイメージも簡単に変える事が出来たので

とてもおすすめでしたが

私が施工して発生したトラブルは下記です。

  • 初期は臭いが多少気になる
  • 接着力が均等ではない?
  • レンガシールが縮む

それぞれ対処法などを紹介していくので安心してください。

まず臭いに関しては時間が解決してくれます。

と言っても数日~1週間程度で気にならなくなるレベルです。

接着力に関しては後日、部分的に剥がれたり浮いている所がありましたので

接着材を別で付けて対処しました。その後は大丈夫です。

もし極端に接着力が弱い所があれば両面テープなどを貼って対処するのも

良いと思います。

レンガシールが縮む対処法

トラブルの中で一番、落ち込んだのはこのレンガシールが縮むというトラブルです。

レンガシール 縮む

貼った直後はピッタリだったのですが・・・

正直、せっかく安く綺麗に出来たのに・・・っと言う感じで

絶望感が半端なかったです。

縮む幅は3ミリ~8ミリぐらいと結構幅もありました。

 

絶望感が凄すぎてちゃんと写真を撮るのを忘れてしまいました。

上の画像は一番、縮んだ幅が小さい3ミリ程度の画像です。

 

これに対しての対処法ですが、終わってみれば凄く簡単です。

コーキングなどで使うシリコンボンドの白を指で隙間に

貼り付けるだけです。

ホームセンターなどで数百円で売っています。

これで十分対処可能でした。

ビフォーアフターの写真がないのですが8ミリ程合った隙間も

これで綺麗に埋まりました。

レンガシール 縮む

この黒枠部分をシリコンボンドで指でなぞって埋めましたが

分からないレベルですよね?実際に近くで見てもほぼ分かりません(^^)

これで私は十分に満足出来ました。

【まとめ】レンガシールでのトラブル対処法

スポンサーリンク

レンガシールは施工も簡単で綺麗に出来ますが

いくつか避けられないトラブルが発生します。

しかし全ては対処可能な事です。

臭いは時間が、接着力に関しては自分で追加で接着材を!

縮む事に関してはシリコンボンドを指で塗るだけ!

まとめて購入すれば100円均一よりも安くて

素人でもとても簡単にレンガシールDIYが出来ますので本当におすすめです。

DIY レンガシール

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る