ビジネス

営業マンは馬鹿でも関係なく出来る!むしろバカの方が良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
営業マン 馬鹿でも出来る

これから仕事で営業をやろうか考えている方

実際にいま現在、営業の仕事をやられている方

自分は馬鹿で知識がないけど営業の仕事なんて出来るだろうか?

契約なども現在まったく取れていないが今後、続くのだろうか?

そんな方に向け、私の体験談と合わせて記事を書いてみたいと思います。

広告

この記事の信憑性を感じて貰う為にも簡単にですが自己紹介させて頂きます。

千葉県にあるリサイクルショップKK.ネットという個人店を経営して10年目となる

代表自らが書いています。

スペックは高卒、その後1年程海外を見てまわり帰国後は自分の親の工場で

19歳から36歳まで働き続けました。

基本人と喋る事はなくもくもくと手を動かすだけの仕事でした。

28歳の時にリサイクルショップKK.ネットを副業としてスタート。

営業の経験やビジネス経験はまったくない状態でしたが

現在は営業、事務、現場作業などほぼ全て1人で行っている状態です。

そんな私の経験談と沢山の人の営業マンなどににあって培った事

感じた事をここで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

営業マンは馬鹿でも出来る

営業マン 馬鹿でも出来る

タイトルにも書いておりますがここでもう一度言わせて貰います。

営業マンは馬鹿でも出来ます

自己紹介でも書いた通り私は高卒でしかも勉強などまったくしてきませんでした。

アルバイト経験ぐらいはいくつかありますが

その後、自分の親の工場に勤めてからは手だけ動かしておけば良いという

仕事内容なので何のスペックも必要としないのです。

製造業でしたので手だけ早く動いていれば何をしてても良いといった状態でした。

人ともほぼ喋らずでしたのでスキルトークもなく、交渉術、

おまけに愛想も何も持たないのが私です。

つまりそんな馬鹿な私がその後、リサイクルショップKK.ネットを始めました。

当然ですが営業に自信はなかったですがお客さんが要らなくなった物を

こっちが利益が取れる範囲で買取すれば良いだけだから

営業術なんて関係ないでしょ!そう思っていました。

しかしやはりそれだけではなかったのです。

  • お客さんの買取の相見積
  • 不動産業者からのマンションまとめての家電製品の入れ替え
  • 併せて不要品回収も行っているのでその費用の見積もり

お客さん個人個人ではあまり必要ない営業術ですが

どうしても必要な場面が増えてきてしまいました。

何の技術も持たない私でしたので結局現場に行って見積もりしても

値段が先に見積もりしている業者と差があればその場で成立もありましたが

基本はほぼ仕事が取れない営業マンというのが私でした。

 

そんな時にとある馬鹿な営業マンに出会います。

私よりも10歳程若い彼の学歴スペックは今では少ない中卒です。

掛け算はリアルに間違うレベルです(笑)当然、勉強はしてきていないそうです。

彼とはもう飲みに行ったりする程の仲なので馬鹿と称していますが

後輩でも尊敬しています。

その彼と同じ仕事をする事があって驚きました。

ほぼ契約成立するんです!!

私の仕事の契約率は50%が良い所ですが彼は90%以上と言い張っていました。

実際に彼の現場に一緒に同行してるとほぼ契約成立するんです。

そんな馬鹿でも営業で契約が取れる理由を書いていきたいと思います。

馬鹿でも営業マンが出来る理由

営業マン 馬鹿でも出来る

ijmaki / Pixabay

本当に馬鹿なのに契約を取るんです。

私も馬鹿な部類ですが正直、彼よりはまともと思っていましたが

これだけ契約率に差があるのでは見習わなくてはならないのではないか?

そう思いました。

そこで私と彼と何に差があるのか?考察してみました。

大きく分けるとこの2つに行きつきました

  1. 正直者と嘘つき
  2. 相手の要望に合わせられる

①正直者と嘘つき

私も馬鹿な事はここまで書いてきておりますがただ私は自分で言うのもなんですが

嘘が嫌いです。

例えば不用品を回収する見積もりがあった際に限界の値段ってあるじゃないですか?

片付け費用は10万円と見積もりをしたとして

人件費3人分 3万円
交通運搬費 1万円
処分代 3万円
会社利益 3万円

この値段が本当に限界です!

これ以上下げるとこちらも利益が1円も出ません!

とお伝えした後にお客さんの方が実は8万円でやってくれる業者がいるんですと

言ったり交渉の末に予算が8万円だと分かった瞬間に

分かりました!!それでは今回は79900円でやらせて頂きます!!

と変貌出来るのが馬鹿の凄い所です。

私は先に限界を説明してしまうとどうしても正直者と言いますか

今更意見を変えられない所があります。

え?お前さっき限界だ、これ以上下げたら1円も利益が取れないって

言ってたじゃん!?って同行していた私は思いましたが

そんなの馬鹿には関係なしです。

嘘を付く事を進めている訳ではなくこれはもうひとつの理由

相手の要望に合わせられるという所に繋がります。

②相手の要望に合わせられる

営業マン 要望

TeroVesalainen / Pixabay

相手の予算もそうなのですが簡単にズカズカと相手の懐に飛び込みます。

予算いくらですか?いくらならすぐ任せて貰えますか?

相見積してますか?向こうの予算はいくらですか?

馬鹿の凄い所はこっちがどう思われるか気にしていないという事です。

 

こっちの見積もりを伝える前にどんどん相手の情報を聞き出します。

 

私は中々そんな事は出来ずに相見積があろうがなかろうが

まずは自分の会社で出来る範囲で予算を出す事が正しく正直者で信頼が取れると

思ってやっていました。

でも結果、契約成立は50%程度、馬鹿な後輩は90%以上の契約率。

この点で私は営業マンとしての実力は彼に間違いなく劣るという事を

認めないといけないという事です。

 

結局の所、営業マンという職種はシンプルで

値段と相手との要望があえば契約出来るシンプルな物なのだと感じました。

 

馬鹿な彼は馬鹿なようであって自然と高度な技術を使っているのかもしれません。

私も契約を取るというのが仕事なのであれば

彼を見習う必要性があるのではないか?と思い下手に嘘を付くという事は

やはり苦手ですが上手く相手の要望を聞き出し

それをこちらが対応出来ればそのことが相手にとっても嬉しいはずだし

契約に繋がると思い実践して1年程ですが前よりは契約率が上がってきました。

現在70%近くの契約率かと思います。

 

誰が見ても70%の契約率の営業マンの私と

90%以上の契約率である後輩営業マンとでは後輩営業マンの方が

優秀だとは思いますが性分で全てを取り入れる事は中々出来ずの私です。

 

営業で少しでも契約率を上げたい方であれば

少し馬鹿になってみると言うのもひとつの手ではないでしょうか?

結局は値段?実際にあった営業マンの話

私は現在、リサイクルショップと合わせて不用品回収の仕事もしておりますが

この仕事をやる前に不用品回収を依頼した事があります。

見積もりは3社に頼みました。

 

A社 金髪の髭を生やしたヤンキーみたいのが来てビックリ 見積もりは28万円

B社 ワイシャツにネクタイをした清潔感のある営業マン 見積もり22万円

C社 少し汚れた作業着を着た笑顔が印象的な便利屋さん 見積もり 18万円

Aの金髪ヤンキーだけはないな・・・と思って

このままいけばC社の便利屋さんで行こうかと思っていた時に

B社からお電話がありました。

頑張って20万円まで下げますがどうでしょうか・・・?

すいません、他社がもう少し安いのでと言いい

さらに下がればB社もありか・・・?と思っていましたが

それ以上は交渉してこなかったのでC社で行こうと思っていた所

金髪ヤンキー営業マンが他社はいくらですか?と聞いてきたので

あまり任せたくなかったので15万円ですと伝えると

分かりました!!同じ内容で14万でやらせてください!!

っとコロっと代わり信用が置けないままでしたが4万円の差はデカいと思い

一応C社に14万でやる業者がいると言いましたが16万が限界と言われ

結局A社に任せる事になった経緯もあります。

信頼は正直なかったので作業中はずっと確認していましたが

綺麗に速やかに作業完了してくれました。

これを考えると結局、値段だけなのかな?と思ってしまう事例ですね。

馬鹿な営業マンでも最低限必要な事

馬鹿になる事で少しでも契約が取れるという事をここまで書いてきましたが

最低限、必要な事もあります。

自分の仕事に関しては全て説明が出来る事

これだけは本当に必要です。

ここの見積もりはどうなってるの?なんでこうなの?ここだけ高い理由は?

馬鹿な後輩もここだけはきっちり全て説明出来る知識を詰め込んでます。

この辺は営業マンをやられている方に取っては当然かもしれませんが

一応頭に入れて置きましょう。

お客に聞かれて説明出来ない事があってはなりません。

口下手でも無口でも全然構わないと思います。

現に無口な営業マンも同業で沢山存在します。

予算はどのくらいですか?

いくらなら任せてくれますか?

この一言だけでも良いのが営業マンです。

後は聞かれた事に関して答えられれば日常会話とか交渉術とかあまり要らないと

思います。

後は自分の会社の商品を安く販売する為の努力

お金を貰って作業するサービスであればその料金を下げられる努力に力を

注いだ方が契約率も上がっていくと思います。

営業マンは馬鹿でも出来るのまとめ

スポンサーリンク

営業マン 馬鹿でも出来る

まとめてみたいと思います。

営業マンは馬鹿でも出来ます。

むしろ正直者よりも多少馬鹿になってでも相手の要望に合わせられる事の方が

重要であり結果、契約に結び付く可能性があります。

お客さんは正直者を探している訳でもないという事です。

この点に関しては書いていて私も反省な所です。

お客さんが探しているのは正直者でも嘘つきでもなく

自分の要望に合わせられそして予算も合わせる事が出来る人を探している

という事ですね。

そのシンプルな事を忘れてはいけないと肝に銘じておきましょう。

少しでもこれを読んでくれているあなたの役に立って頂けると嬉しいです。

最後までお読み頂きありがとう御座いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る