役立ち情報

リサイクルショップで新生活用品を揃えるのは有り?無し?経営者が語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
リサイクルショップ 新生活用品 揃える

リサイクルショップで新生活用品を揃えようかと考えているが

実際の所どうなの?

すぐ壊れたりトラブルがあったりして結局損をしたりしないか心配・・・。

新品購入とリサイクルショップで揃えるのを比較してみたいと思います。

広告

この記事の信憑性を感じて貰う為に簡単に自己紹介をさせて頂きます。

千葉県にてリサイクルショップKK.ネットを初めて2019年で10年目です。

数々の中古品の売買をしているので色々な人の情報、経験が頭に入ってます。

ネットで調べただけの知識ではないので

それなりに信用が置ける内容になっているかと思います。

不用品回収,千葉,安い

スポンサーリンク

リサイクルショップで新生活用品を揃える

まず新生活用品で1から揃える物としては大きく分けると

家電製品、家具の2種類に分けられます。

家電製品

冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・液晶テレビ・照明・炊飯器

家具

ソファー・ローテーブル・ベッド・テレビ台・衣装ケース

基本、最低限で必要な物をまとめてみるとこうなります。

これらをリサイクルショップで揃えるのは有りか無しかと言われますと

私的には有りと答えたいと思います。

しかしそれはケースバイケースで合う人と合わない人がいます。

新生活用品を揃える費用

新生活用品 費用

リサイクルショップで揃える費用と電気屋さんなどで新品で揃える費用を

大よそでですがまとめてみます。

1人暮らし用で比較してみます。

メーカーやサイズなどによって値段はまちまちですので

そこはご了承ください。

新品で新生活用品を揃える費用

冷蔵庫2万~5万

洗濯機2万~4万

電子レンジ4000円~15000円

液晶テレビ15000円~4万

照明 3000円~8000円

炊飯器 5000円~2万

調理機器 1万~3万

合計 77000円~14万8000円

 

家具

ソファー 5000円~5万

ローテーブル 3000円~2万

ベッド2万~5万

テレビ台3000円~2万

衣装ケース(プラスチック)2000円~5000円

合計33000円~145000円

家電製品と家具で1人暮らしで必要最低限を揃えようとすると

最安値で11万円~293000円ぐらい掛かるという事になります。

新品でも安い物で揃えれば約11万で新生活がスタート出来るという訳です。

リサイクルショップの中古で新生活用品を揃える費用

リサイクルショップで揃える場合は製造年数により値段が大きく変わりますが

多くのリサイクルショップは製造から5年以内の物を並べている事が多いので

製造から5年以内の商品とします。

冷蔵庫8000円~3万

洗濯機8000万~2万

電子レンジ2000円~1万円

液晶テレビ8000円~3万

照明 2000円~6000円

炊飯器 3000円~1万

調理機器 5000円~1万

合計 36000円~116000円

 

家具

ソファー 3000円~25000円

ローテーブル 1000円~1万

ベッド5000円~2万

テレビ台1000円~1万

衣装ケース(プラスチック)500円~3000円

合計10500円~68000円

リサイクルショップで揃えると

最安値で46500円~184000円ぐらいです。

基本最低ラインで考えたいと思いますので

最安値で新品が11万円、リサイクルショップですと46500円

その差63500円!結構差がありますね。

金額だけみたらリサイクルショップの中古で揃えるのも良いと思ってしまいますが

当然リスクがある事を知っておく必要があります。

リサイクルショップで新生活用品を揃えるリスク

リサイクルショップ 新生活用品 リスク

stevepb / Pixabay

  • 使うのに支障がある
  • 傷・汚い・匂いがある
  • 保障期間が短い
  • また売る事が困難

大きく分けるとこの4つです。リスクを事前に知る事はとても大事です。

順番に見ていきましょう。

使うのに支障がある

これは最近のリサイクルショップでは少なくなってきてると思いますが

リサイクルショップでは多少の訳有であるからこそ

激安になっている商品も御座います。

例えばテーブルに多少、がたつきがあって使いにくい。

冷蔵庫の棚が1個欠品などです。

理由を書いてあるリサイクルショップもありますが

悪質なお店だと返品は一切受け付けません。店頭できちんと確認してくださいと

書いてあるお店もありますので注意が必要です。

これは事情を分かった上で購入するのであれば全然OKな悩みではあります。

傷・汚い・匂いがある

中古品ですので前の方が使っていた歴史があります。

当然、前の方があまり使用しない人だった場合や綺麗に使っていた中古品も

沢山あります。

そうであれば問題ないのですが中にはペットを飼っていたソファーであったり

煙草を吸う人であれば店頭ではあまり感じなかった匂いなども

自宅に持ち帰ってからとても匂ってくるといった事もあります。

これはリサイクルショップを10年やっている私でも買取現場ではあまり感じなかったのに

トラックに積んで降ろす時に「たばこ臭い!!」と気付く事もあるぐらい

分からない時もありますので注意が必要です。

冷蔵庫など内部に虫の卵が沢山あって内部からうじ虫が沢山出てきた

何て事も聞いた事があります。

この辺りは買う側は前のオーナーの事は知る由もないので

お店を信用して購入するしかないですね。

保障期間が短い

これが最大のリスクです。

多くのリサイクルショップは販売の際に保障期間を設けておりますが

その期間は短い事が多く1ヶ月~最大で半年ぐらいでしょう。

ほとんどが1ヶ月保障、または初期不良のみ対応という所が多いです。

新品、購入であれば基本はメーカーで1年、

長期保証などであれば5年程度は保障があります。

リサイクルショップで買って1ヶ月保障の冷蔵庫が

40日目で壊れてしまうとまた購入するリスクが出てしまいます。

また売る事が困難

リサイクルショップ また売る

リサイクルショップは基本短くても販売の際に保障期間を設けます。

古ければ古い家電製品程リスクを抱えます。

製造から5年程度でないとお店に並べない所も多いので

逆を返すと5年以上経っている家電製品はあまり並べません。

全て4年前の家電製品を中古で揃えた場合、

大学生活4年後に売る事は困難となり逆に処分代が掛かるというリスクもあります。

この辺に付いてはまた別記事で詳しくまとめてみたいと思います。

リサイクルショップで揃えるのはどんな人におすすめか?

これは結論から言いますと

単身赴任の人や大学生などある程度、住む期間が限定されている人におすすめです。

  • 使うのに支障がある
  • 傷・汚い・匂いがある
  • 保障期間が短い
  • また売る事が困難

先に書いたこのリスクのうち

「使うのに支障がある」と「傷・汚い・匂いがある」これは

注意して選ぶ事である程度回避が可能です。

リサイクルショップで新生活用品を揃える問題は

保障期間が短いという事になりますが

そうそう家電製品というのはポンポン壊れる物ではありません。

普通に使用していれば10年近くは持ってしまう物です。

新品で新生活用品を揃えたら約11万、中古品で約4万6500円であれば

例えすぐに液晶テレビが壊れたとしてもまた中古品で1万円追加で

入れ替えしてもおつりがきますよね?

長く住む事が決まってる人とは違い住む期間が短くある程度決まっている

単身赴任や大学生などであればその間に壊れる可能性も減ってくる為

リサイクルショップで新生活用品を揃えるのはかなりおすすめとなります。

「また売るのが困難」の問題は1年落ちの家電で中古で揃えて

単身赴任で使用が2年とかであればその中古もリサイクルショップで売る事が

出来るので使用期間が短い人程、中古で新生活用品を揃えるのは

おすすめとなります。

使用後に製造から5年以内になる様に計算すると尚良いでしょう。

逆にリサイクルショップで新生活用品を揃えるのに向かないのは長期間住む人です。

長期間、住むのであれば初期費用だけは掛かってきてしまいますが

長期保証が付いた新品家電を揃える方が故障などの際のリスクも減ります。

新生活用品をリサイクルショップで揃えるまとめ

スポンサーリンク

新生活用品を揃える リサイクルショップ

リサイクルショップで1人暮らし用の新生活用品を揃えると

最安値で4万程度で揃える事が可能。新品では10万程度~揃えられます。

中古で揃えるのは安く揃えられる分リスクがあります。

ある程度リスクを考慮した上で自分は新品が良いか中古が良いか判断すると

良いでしょう。

向いている人は住む期間が短く使用する期間がある程度決まっている人。

理想は使用が2年程度の予定の人で製造から2年以内の中古を購入。

2年使用して製造から4年ぐらいであればまたリサイクルショップに売る事が

出来るので使用後に処分のお金も掛かりません。

そんな人であれば新生活用品をリサイクルショップで中古で揃えるのは

初期費用を安く抑えられ、使用後もお金に換えられるので

もっとも効果を発揮する方法です。是非、参考にしてください。

最後までお読み頂きありがとう御座いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る