食器の寄付

中古食器も寄付出来るので役立てて下さい。全国から受付け対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
中古食器 寄付,食器 寄付

食器を処分しないで寄付出来る所ってどこかにあるのかな?

あるとしたら、どういう流れで寄付出来て

どの様に活用されるんだろう?

中古の食器でも大丈夫なの?

出来る事なら食器の処分にお金は掛けたくありませんよね。

そんな事をまとめて説明した記事内容となっております。

この記事の執筆者

千葉県山武市の個人リサイクルショップKK.ネット代表 小林国雄

小林国雄

 

経験【2020年2月現在】

  • リサイクル売買・鑑定歴  11年
  • 古物市場出入り      10年
  • 不要品回収・遺品整理業   8年
  • 海外輸出協力        6年
  • 物で出来る寄付プロジェクト 3年

下記↓↓目次の好きなタイトルから読み進める事も可能です。

スポンサーリンク

食器の寄付

食器は寄付として受付けしている所があります。

これらは新品のみ受付けている所と中古であっても受付けしている所とあります。

弊社リサイクルショップKK.ネットでも中古の食器も受付けております。

千葉県近郊の方は是非活用ください。

 

〒289-1305

千葉県山武市本須賀2814

リサイクルショップKK.ネット

0475-53-3653

お車でお越しの方はグーグルマップで「リサイクルショップKK.ネット」で

お調べしても案内して貰えます。

食器の寄付の流れ

食器の寄付は弊社では2通り方法があります。

  • 持ち込みでの寄付
  • 宅配での寄付

持ち込みでの寄付

持ち込みの場合はお越しになる手間だけでお金が一切掛からない点が

魅力です。

食器の断捨離やお引っ越しの際に持って行けない食器、

遺品整理、飲食店廃業での食器などで毎日、沢山の持ち込みがあります。

持ち込みの場合は事前にご連絡だけお願い致します。

宅配での寄付

宅配での寄付の場合はご自宅でダンボール等につめるだけで

集荷に来て貰えれば自宅から一歩も出なくても食器を手放す事が出来ます。

宅配ですので当然、日本全国からお送り頂けます。

北は北海道、南は沖縄県からも食器が届いております。

送料のみお客様にご負担願っております。

着払いは受け取り拒否で返送されてしまいますのでご注意下さい。

送り先は持ち込み場所と同じです。

 

〒289-1305

千葉県山武市本須賀2814

リサイクルショップKK.ネット

0475-53-3653

受け取り時間 指定なし

指定の対応商品であれば受付け不要、ご連絡不要です。

この記事が現在、確認出来ている時点で受付けしております。

受付け終了時点でこのページは閲覧出来ないので

見れている時点で運営中ですのでご安心してお送りください。

 

宅配の場合、掛かる費用は送料のみです。

送料は弊社に支払い物ではなく運送会社にお支払いする物です。

弊社は1円も頂いておりません。

またダンボールの指定も運送会社の指定も御座いませんので

ご自分で送りやすい方法でお送りください。

食器以外にも色々、受付け可能です。

ジャンルを分ける必要もなく同じダンボールに入れて発送可能です。

対応品はこちらをご覧ください。

不用品の寄付・募金について・どんな物を受付してる?

寄付の際のお願い

寄付は皆様の善意です。

ただしこの善意とは裏腹にただ無料で処分出来れば良い!

無くなれば良いと言った残念な方もいらっしゃます。

せっかくご寄付頂けるのにお願いで申し訳ありませんが

ご理解頂きたい点が3点御座います。

  • 梱包はしっかりと
  • 汚れは落としてください
  • お盆など木製物は省いてください

梱包はしっかりと

食器寄付 梱包

食器は当然ですがとても割れやすい物です。

残念ですが弊社に到着した時点で割れて到着してしまうという事は少なくありません。

出来る限りご配慮頂けると助かります。

これは宅配での寄付でも持ち込みでの寄付でも同じです。

コツとしてはダンボールにつめおわった時点で箱を持ち上げて内部で動いている音が

しない様にして頂けると破損率を下げる事が可能です。

新聞紙や雑誌を切り取って隙間に詰めるなどで対処出来ます。

また食器以外にも衣類やぬいぐるみなど弊社の対応商品内の物を

クッション材として送る事でも破損率を下げられます。

汚れは落としてください

どうしても受付が出来ない状態の食器も御座います。

弊社では中古食器も対応しておりますが

油まみれや埃まみれの食器などは残念ですがお断りになる事が御座います。

汚れを落としてまで利益を得られる商品ではないという判断の場合は

持ち込みの場合はお持ち帰りとなってしまいます。

宅配での場合はご連絡の上、返送になる事も御座います。

リサイクルが難しいと思う物は残念ですが処分をおすすめ致します。

お盆など木製物は省いてください

スプーンやフォーク、鍋などは併せて引取出来ますが

お盆などは食器ではありません。

対応品は陶器の食器となります。

お椀やプラスチックは1箱に5個程度であればお受け出来ますが

大量にはお受け出来ません。

需要の関係ですのでご理解くださいませ。

寄付で届いた食器はどうなるの?

中古食器 寄付

弊社ではリサイクルショップを運営しております。

ご寄付としてあなたから頂いた食器は捨てる事なくリサイクル致します。

国内で販売する事もありますし海外の発展途上国へ販売する事も御座います。

 

 

「え?寄付した食器はどこかに寄付されるんじゃないの?」

 

弊社では正直言いますがご寄付で届いた食器は販売しております。

 

「それじゃーあなたの会社に利益が出るだけじゃないか!!」

 

確かに形だけ見るとその様に思われると思います。

しかし中古の食器を受付けしている業者は日本全国でも非常に少ないです。

大抵のリサイクルショップでは引取自体してくれません。

 

私もリサイクルショップを運営して今年で11年ですが

初期の頃は中古食器が持ち込まれても

 

「リサイクルが難しいので無料でも引き取りが出来ません」

 

っとお断りをしている状態でした。

するとこの食器はどうなるでしょうか?

行き場を無くした食器は捨てられるしかなくなります。

そこから何か生まれる事はありません。

せいぜい環境汚染が生まれるくらいです。

 

しかし現在、

弊社では海外の発展途上国では中古の食器も求められている事に気付き輸出協力しています。

食器を寄付する事でどうなるかと言いますと・・・

  • あなたはどうなる?
  • 弊社はどうなる?
  • 発展途上国の人達はどうなる?

あなたはどうなる?

処分しようと思っていた食器が活用された事で

あなたはまず食器の処分の手間が省けるはずです。

遺品整理や飲食店廃業などの方は処分代も大きく浮きます。

何より誰かが使ってくれるという事だけで寄付するという行為は

とても気分が良くなるはずです。

弊社はどうなる?

弊社は利益を上げる事が出来ます。

正直、海外の発展途上国ですので販売価格が高く売れるのか?というと

決してそうではない事は分かって頂けると思います。

利益は出す事は出来ますが保管費、人件費、運搬費などを差し引くと

大した利益ではありません。

しかし、これにより弊社にはメリットがあります。

食器と合わせて他にも何か合わせて買取依頼が入る事があります。

つまりお客様に「ごひいき」して頂けるんですね。

お引っ越しの際の処分に併せて食器の寄付があり+液晶テレビの買取依頼を

頂けたり併せて不用品回収の依頼を頂けたりです。

何より捨てる物をひとつでも減らす事が出来る事が嬉しいのもあります。

発展途上国の人達はどうなる?

食器寄付 発展途上国

発展途上国では色々な物が足りていない国もあります。

新品はとても買えない。

木で作ったお手製の食器を使っている人達だって多くいます。

そんな方達に格安で食器が届けられたら本当に喜んで頂けます。

日本では貰い手がない中古の食器が役立てられるんです。

 

この様に全ての人にプラスになっていると思いませんか?

 

そしてもうひとつ大きなプラスが生まれます。

食器以外にも対応品は沢山ありますが、

これらご寄付が届くのは8割方、持ち込みではなく宅配で届きます。

宅配の場合は送料はお客様ご負担です。

せっかく寄付しようと思っているあなたに送料で負担を掛けてしまう事になるのに

弊社は何も負担しないというのはおかしい!

ご理解頂ける方も多いですが寄付してくれる人の気持ちになって考えたら

あなたも弊社に何かして欲しいと思うかもしれない・・・

 

そこで生まれたのが弊社が販売した収益の一部

または本来、買取出来るであろう金額を募金する事です。

不要品寄付の流れ

不要品寄付の流れ

つまりあなたが送った食器は弊社で仕分けされ適切にリサイクルされ

そこから生まれた収益が募金活動に役立てられさらに多くの人を救う事が出来ます。

 

この不要品寄付は2018年からスタートしたプロジェクトですが

すでにいくつもの団体へ募金活動が出来ております。

こちらでいつでも確認が出来ます。

 

不要品寄付から生まれた募金実績

 

少しでもご賛同頂けたら、お気に入り等に入れて頂き

何かの際に是非ご利用頂けたらと思います。

お友達やお知り合いで不要品に困っている方が居た際もご紹介頂けたら

嬉しく思います。

寄付するのに辺り注意する事

ここまでは弊社のご紹介になりました。

日本全国でも弊社と同じ様に

不要品の寄付を受付けている業者はいくつか御座います。

探し方としては「食器寄付+地名」等で出てきた所で受付はしてくれると思いますが

いくつか注意点もご紹介させて頂きたいと思います。

 

どこに賛同して寄付するのかは当然あなたの自由です。

しかし注意しなくてはいけない所があるので覚えておいてください。

  • 寄付受付け詐欺
  • 返送されてくる
  • 対応品が新品のみ
  • 後で料金を請求される

寄付受付け詐欺

寄付の受付は正直に言えば誰でも受付けが出来てしまいます。

受付けています!!というホームページ等を作るだけだからです。

しかし寄付で届いた品がどういう使い方をしているかは

各会社や個人だったり分かりませんが実際は活用されていない事もあります。

弊社では寄付で届いた品を販売して

収益を募金活動しておりその金額も掲載していますが

「寄付として海外に送り届けます」と記載している所が多くあります。

しかし実際は弊社と同じで販売しているのが大半です。

海外に送る費用だって数万円で出来る事ではありません。

コンテナ等に積み関税も掛かります。

その他、保管費、人件費、運搬費なども掛かります。

当然、無料で出来る事ではないので販売している所がほとんどなのに

寄付として届けていると記載している所が多いです。

または高額なブランド食器のみ販売して

その他の食器は面倒で廃棄している業者だっています。

その業者がどういった形で運営しているのか見極める必要がありますが

それは中々に難しい事です。

返送されてくる

すでに営業を辞めている業者もあるそうです。

弊社にたまにある電話で

「先日、他の業者に送った所、もう営業していないとの事で

返送されて来たのですが、そちらは大丈夫でしょうか?」っという内容です。

弊社では先にも書きました様に営業を終えた時点でこのページを見ることは出来ません。

その為、今このページを読めている時点で営業しておりますので、ご安心ください。

返送されてくる業者の場合、送料が無駄になってしまいます。

ご注意ください。

対応品が新品のみ

食器 寄付 新品

たまに着払いでも受付けすると言った内容の寄付受付けサイトがあります。

弊社も出来る事であれば着払いで受付けてあげたい所なのですが

正直、それはとても厳しい物があります。

ですのでそんな業者を見ていると、どんなカラクリが?っと思って

個人的に見てみると本当に小さい文字で目立たない様に

「新品のみ受付」「場合に寄っては追加料金が発生する」

と言った内容が記載されている所があります。

本当に新品のみが着払いOKであれば、それも良いと思いますが

中古も扱ってくれる方が幅広く対応してくれます。

弊社でも着払いで受付け出来るケースもあるので詳しくは

こちらの記事をご覧ください。

不用品を寄付したいが着払いは出来ないのですか?

後で料金を請求される

本当にあってはならない事だと思いますが寄付という善意を利用して

後で追加でお金を請求してくる業者があります。

込み込み料金で○○○サイズまで□□□□円で受付けするという内容もあります。

それは送料で儲けている業者です。

悪質なのは対応商品が幅広く書かれており送ってみた所

「状態が悪く寄付として対応出来ません」

「返送するとしたら着払いで2000円掛かりますが

処分代として1500円で引き受け可能です。」

「こんな状態の物を送ってこないで下さいよ~。」

などと怖い人からお電話が来たり

ケチを付けて追加料金を請求してくるパターンが存在します。

これ本当に気を付けてください。

ホームページだけ綺麗に作っていて騙されてしまった人が後を絶ちません。

弊社では対応商品であれば追加料金が発生したケースは1件も御座いません。

対応していない商品やこういったのは受付け出来るのかな?と言った内容は

いつでも事前にお問い合わせ頂ければお答え可能です。

食器寄付のまとめ

スポンサーリンク

食器寄付 まとめ

食器の寄付は探してみれば受付けしてくれる業者は多数存在する。

しかし各業者、新品のみ受付けや中古も対応してくれる業者

その後の使われ方などが違うし見極めは難しい。

悪質な業者も存在するのでその点だけは気を付けて欲しい所です。

弊社では少しでも疑問に思われる事は丁寧にご説明致します。

お電話やLINE等でお問い合わせください。

そしてご納得の上、ご検討頂ければと思っております。

最後までお読み頂きありがとう御座いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る