引っ越し

引っ越し費用を安くする方法を知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
引っ越し 安くする方法

引っ越しをする際に費用を出来る限り安くしたい!

て誰もが思う事ではないでしょうか?

安くする方法や安い業者はいくつかありますが

それがあなたに合った方法なのか?

安いだけで結局デメリットが多くなってしまう可能性もあります。

安くする方法とそのデメリットを合わせて紹介する事で

より引っ越しをどこに頼むか?どうやって行うか決定しやすくなると思うので

参考にしてみてください。

この記事の執筆者

千葉県山武市の個人リサイクルショップKK.ネット代表 小林国雄

小林国雄

 

経験【2020年3月現在】

  • リサイクル売買・鑑定歴  11年
  • 古物市場出入り      10年
  • 不要品回収・遺品整理業   8年
  • 海外輸出協力        6年
  • 物で出来る寄付プロジェクト 3年

下記↓↓目次の好きなタイトルから読み進める事も可能です。

スポンサーリンク

引っ越しを安くする方法は?

いきなり結論から行きます。

引っ越しを安くする方法は自分で行う事です。

 

・・・は?

何言ってんの?

 

って声が聞こえてきそうですが、まさに冗談でもなくそのままです。

自分で行えば行う程、安くなるのです。

 

自分で出来ないから引っ越し業者にお願いするんだけど?って

思うかもしれません。

その通りです。

 

ただ自分で行う事が1番安いという事を大前提に頭に置いて欲しいのです。

引っ越しを安く済ませたいのですよね?

だとしたら順を追って説明していきますので

しばしお付き合いください。

 

もう1度言います。

引っ越しは一番安く済ませる方法としては自分で行うです。

 

引っ越しを自分で行うには?

引っ越し 安くする 自分

引っ越しを自分で行う上で最低限に必要になるものは「車」です。

本当に着の身着のままで持っていく物を減らしてしまえば

この車さえも不要です。

ここまでは極端ですが引っ越し先に持っていく物の量を出来る限り減らす事は

引っ越し費用を安くする事が出来ます。

おすすめはリサイクルショップを上手く活用する事です。

【お得】引っ越し上手はリサイクルショップを活用する

ダンボール10箱のみに絞ってしまう事でも宅急便のみで引っ越しを終える事も出来ます。

そうなれば1500円の送料×10で15000円程度で引っ越し完了です。

これが引っ越しを自分で行うという事です。

 

引っ越し業者が関わっていないので費用は当然掛かりませんよね?

何も引っ越し先に全てを持っていく必要はないのです。

引っ越し費用 一番安い
労力 最も掛かる
時間 最も掛かる
おすすめな人 荷物を少なく出来る人・1人暮らし

さすがに自分だけでは行えないという方には次の方法がおすすめです。

家族・友人に引っ越しを手伝ってもらう

引っ越し 安くする方法

これも車が必要になってくる事が多いですが

家族や友人の車と人手を借りて作業する事で

一人で行うよりも格段に引っ越しがスムーズに行えます。

家族や友人といえどもある程度はお礼としてお支払いするか食事をご馳走するなど

お礼は考えておく必要があります。

事前にダンボール等につめる作業は終えておき

運ぶ作業のみ手伝って貰うのが良いでしょう。

1人の作業ではあまり大きな家電製品や家具は運べませんが

2人ならこういった大きな物も運ぶ事が可能です。

運ぶ際は私がリサイクルショップで使っているこの方法がおすすめ。

家具の移動・移動グッズは必要ない?誰でも簡単に家具を移動・運搬する方法

友人や家族に頼むのも気が引ける。

そんな人がいないって場合は次の方法があります。

引っ越し費用 1人引っ越し費用+友人や家族次第
労力 1人より楽
時間 1人より楽
おすすめな人 友人などが多い人・1人暮らし

 

格安引っ越しのくらしのマーケット

1人で行う引っ越しは難しい・家族や友人にも頼めない。

そんな方で出来るだけ引っ越しを安くしたい方は

是非【くらしのマーケット】 をご検討ください。

くらしのマーケットは近年テレビCMなどでも放送されていますが

「暮らしの中の困った」をサポートしてくれる業者が

値段別・評価別・地域別に簡単にネット上で探す事が出来るサイトです。

 

あなたの地域を設定して引っ越し先に運びたい物の

指定のチェックボックスをチェックするだけで引っ越し費用を出す事が出来ます。

くらしのマーケットは実は大手引っ越し業者の半額以下になる可能性が大です。

私も千葉県・東京都内で一部登録しておりますが

先日伺った引っ越しでは35000円で税込みで引き受けましたが

大手引っ越し業者の見積もりは145000円だったそうです。

 

安い分、何か訳があるんじゃないの?

そうなんです。

唯一のデメリットと言いますかくらしのマーケット上での引っ越しの多くは

作業員の人数(1人~2人)が少ないことが多いです。

ドライバー1人で作業はあなたも一緒に行うという形も多いです。

しかしその分費用が安くなるという事です。

必要な車と人員(引っ越しに慣れた作業員)が貸し出しされる

サービスと思った方が良いかもしれません。

 

こちらも出来るだけ引っ越し先に持っていく物を減らす事で安く出来る事は

同じなので出来る限り減らす荷物量は減らしましょう。

 

 

私的におすすめなのがこのくらしのマーケットを利用した

引っ越しですね。

女性で大型の家具や家電製品があってエレベーターなしの階段降ろしなどでない

限りは大抵はこのサービスで問題ないと思います。

ほとんどは引っ越し作業になれた作業員が行い

あなたは補助的に手伝う事で作業が完了してしまいます。

私の経験上、エレベーターがあれば女性1人でも冷蔵庫・洗濯機は

台車等を利用して運び出してしまうので問題なく作業出来ます。

引っ越し費用 大手の半額もあり得る
労力 プロの作業員がいるのでかなり楽
時間 比較的早い
おすすめな人 作業を手伝える人・1~4人暮らし

 

手伝いは一切したくない!!方向け

引っ越し作業は一切手伝いたくない!!それでも出来る限り安くしたい!!って

いう方でも安くするコツはあります。

まずはどの引っ越し作業でも同じですが荷物量を減らす事!!

そこでおすすめなのが

トレファク引越 です。

リサイクルショップのトレジャーファクトリーが行うサービスで

不用品の処分と不用品の買取と引っ越しという3つを同時に行ってくれます。

引っ越しの際に不用品は必ず出ますから、それぞれ

別の業者に依頼すると高く付くので1社に任せてしまおう!という事です。

買取も含まれるのも見逃せません。

引っ越し費用 買取や不用品回収もあれば結果安くなりやすい
労力 1人より楽
時間 1人より楽
おすすめな人 友人などが多い人・1人暮らし

 

大手の一括見積

大手引っ越し業者の一括見積などもあり

これもひとつの手ですが引っ越しの費用だけの見積もりとなるので

不用品などがある場合はトレファク引越 の方が良いでしょう。

引っ越しだけに絞ってであれば一括見積も手です。

一括見積をする事で相場も分かりますし、その中で一番安い所に依頼すれば

いきなり見積もりするよりはかなり安くなる可能性もあります。




このサービスであれば自分は手伝い一切不要で引っ越しを終える事が出来るでしょう。

引っ越し費用 最も高い(その中でも一括見積は必須)
労力 まったく掛からない
時間 作業が終わるまで待つのみ
おすすめな人 手伝いが一切出来ない人・荷物量が多い人

引っ越し安くする方法まとめ

スポンサーリンク

まとめてみます。

引っ越しをとにかく安くしたいのであれば

  1. 自分で行う事。
  2. 友人・家族に手伝って貰う
  3. くらしのマーケットの引っ越しを利用する
  4. トレファク引っ越しで買取と不用品処分と合わせて依頼する
  5. 大手引っ越し業者に一括見積を依頼する

このような順番で上の方法程、安くなるが

その分、自分が動く労力や時間が取られます。

自分に合わせた方法が良いと思います。

私的におすすめは極力、荷物を自分で減らした後に【くらしのマーケット】 です。

階段での大型家具や家電製品でない限りはお手伝いする事で

一番安く引っ越しが出来ると思うからです。

【大手の半額以下?】引っ越し荷物が少量ならくらしのマーケット!

あなたの引っ越しがより安く安全に終えられる事を祈っております。

最後までお読み頂きありがとう御座いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る