不用品

2018年不用品無料回収業者が減った!?家電製品はどう処分する?


リサイクルショップKK.ネットです。

長年リサイクルショップ運営で得た知識やお得情報

リサイクルショップの本音などを配信しています。

リサイクルショップKK.ネット

スポンサーリンク

不用品無料回収業者が減った!?

現在2018年8月ですが不用品無料回収業者が街中から減った?消えた?と感じませんか?

以前であれば軽トラックで毎週のように

違うおじさんがスピーカーで不用品を無料回収するといったような事を

響かせて鳴らしてたのを多くみたかと思います。

 

不用品回収業者(イメージ)

そもそもなぜ不用品を無料で回収出来るの?

当然ながら不用品無料回収業者もボランティアでやっていた訳ではありません。

利益があるかたやっていたのです。

実は無料で引き取りしていた家電製品などはお金に換える事が出来ます。

「小銭」の画像検索結果

 

とある場所に持ち込むだけで良いのです。

 

街中などで見たことありませんか?

鉄屑買取

非鉄買取

家電製品買取

アルミ缶買取

などといった看板です。

 

これらの買取をしている業者がいるのです。

資源として買取してくれるんですね。

そういった所に持ち込むと誰でも重さで測って無料で引き取ってくれた

家電製品などを買取してくれるといったのが無料回収のからくりです。

 

無料で引き取っておいて売っているだと!?

ゆるせん!!!

そんな意見も聞こえたきそうですが

決して高い買取価格って訳でもないんです。

これらは変動があるのですが家電製品は1キロ10円~25円くらいの買取でした。

 

例えば壊れていても5キロのラジカセを買取所に持ち込め

50円~125円になっていた訳です。

一か所で何十台も引取が出来たら儲けもあるかもしれませんが

10キロ離れた場所に車で走ってラジカセ1台ではガソリン代にもなりません。

 

それでも当時は儲けていた人もいたみたいです。

やり方次第で他よりも高く買取りしてくれる様契約して

中間業者として大量に集めて大儲けしたとか

グループで大量回収して億を稼いだとか。

 

資源として再利用される事になりますので悪質な業者もいたとは

思いますが誰かだやらなくてはいけない事でもありましたし

結果、地球環境には良い事でもあったんですね。

 

本題ですがそんな不用品無料回収業者ですが近年見なくなったと思いませんか?

 

不用品無料回収業者が減った理由

これにはやはり大きな理由があります。

先程説明した鉄屑などを買取していた買取所が

一斉に家電製品の取り扱いをストップしたのです。

買取ストップ?でもどこかしらあるんでしょ?っと思われるかもしれませんが

今までこれらの家電製品を資源として買取していたおおもとは世界の中国です。

 

この中国の国自体が家電製品の輸入をストップしてしまったのです。

その為、家電製品は現在日本で行き場を無くしています。

多くのリサイクルショップや不用品回収業者、遺品整理業者、建築会社などが

お金を掛けずに処分していた物がこれから無料でも引取が出来なくなって

しまったのです。

弊社でも多少の家電製品はサービスで無料で引き取りしていましたが

それも出来なくなってしまいました。

 

これらが不用品無料回収業者が消えてしまった理由です。

 

家電製品の処分の仕方?

スポンサーリンク

今までは壊れた家電製品を無料回収業者に任せてしまうのは

ひとつの手段で有効でした。

しかしそれが減ってきた今どうやって家電製品は処分するのが

ベストかと言いますとやはり自治体などの回収に合わせて捨てて

しまう事が一番安く安全に処分出来る方法かと思います。

リサイクル料が必要な冷蔵庫や洗濯機などは電気屋さんに持ち込みのが

一番安いです。

持ち込むのが困難な場合は有料の回収業者に依頼という形に

なります。

 

今後予想される事は?

まず今まで不用品回収として自営でやっていた人達の失業が増えると予想されます。

それでも営業している人達は無料回収から有料回収に変わり

不法投棄も増えるのでは?と思っています。

 

逆にプラスの面で考えると現在日本中で家電製品の処分には

困っている状況だと思いますので

ここで何か光を見出せればビッグビジネスになる事は間違いないでしょう。

例えばどこかの国とパイプがあって

家電製品を資源として引き受けが出来る様になれば

無料で引き取って安く売れば日本で独壇場は間違いないでしょう。

とんでもない資産が築けるんでは!?何て想像してます。

誰かどこかの国にパイプがある方は一緒に行きましょう(笑)

リサイクル関係のパイプには詳しいので。

 

以上、無料回収業者が消えた!?の記事でした。


スポンサーリンク